忍者ブログ
広島・銀山町 ㈱重富酒店のスタッフによるブログです。
[636]  [635]  [634]  [633]  [632]  [631]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



食べないと飲まナイトin広島 
が、広島経済レポートさんに記事にしていただきました。

スケジュール帳に ○印と3500円を確保しておいてくださいね。

3500円のチケット(前売)で 5軒「飲み食べ」ができます。
この日は、特別価格なので、日頃は1000円以上するものが
700円で飲み食べできます。

重富のこのイベントへの想いは色々ありますが
日頃お世話になった「流川地区」に
この街で育ててもらった「流川地区」に
少しでも『恩返し』がしたいと思うからです。

使いっぱなしは・・・限界がありますよね(田んぼや畑も)
収穫するためには、その土地を耕して、栄養を与え続けなければいけません!
流川で働く人たちが(お店が)ちょっとづつ、栄養を与えれば・・・
この街は、もっともっと「大収穫」できる街になると信じています!

(経済レポートの原文)


流川・薬研堀で食べ歩きイベント

NPO法人繁盛店への道が9月に



 NPO法人繁盛店への道・中国地区本部は、西日本有数の夜の繁華街「流川・薬研堀地区」の飲食店で“はしご”を楽しんでもらい街の活性化につなげるイベント「食べないと 飲まナイト in広島」を、九月二 十・二十一日に計画している。

 新規客開拓と集客増大を目指す繁盛店づくりの応援イベントと位置づける。狭い商圏に個性溢れる飲食店がひしめきあう同地区は、多くの店舗で少しずつ飲み食いできる最適な場所。一店舗あたりの飲食代金を同一の低価格に設定することで、今まで利用したことのない店や新しい店への来店動機につなげる。具体的には「一晩三千五百円で五店舗はしごしよう!」をキャッチフレーズに、一枚七百円のチケット五枚綴りを前売りし、イベント参加店舗のガイドブックを渡す。店舗はチケット一枚(七百円)で料理と飲み物の特別セットを提供し、利用客はガイドマップ片手に流川・薬研堀界隈を食べ歩く。

 このイベントは今年五月に東京の上野・湯島で行われた「食べないと 飲まナイト」実行委員会の協力を得て行う。上野では、二日間で千五百人がチケットを購入し、チケット使用率は九八%。イベントをきっかけに街の活性化につながった。

 同法人広島支部長の重富寛氏(㈱重富酒店社長)は「流川・薬研堀地区の賑わいは広島の元気の象徴。この地区を皮切りに他エリアでの開催につなげていきたい。街づくりに関わる飲食店を増やし、広島を活性化することが目標」と、参加店舗(三十―四十店舗)を募る。

--
プロが選ぶお酒のセレクトショップ 重富酒店
広島 居酒屋 三代目四斗平ホームページ
広島ブログ

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新コメント
[08/21 blackjack45]
[08/15 oqxmslveta]
[08/14 sqxtspbrps]
[08/08 kazino28]
[07/27 TimothyNix]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright (c)重富酒店ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]