忍者ブログ
広島・銀山町 ㈱重富酒店のスタッフによるブログです。
[1729]  [1728]  [1727]  [1726]  [1725]  [1724]  [1723]  [1722]  [1721]  [1720]  [1719
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 皆さんの ご家庭では 元旦に 「お屠蘇」(おとそ)を 頂かれますか?


 わが家では 昨年より 復活しています


 



 なぜかと 言いますと・・・



 元日 1月1日 より  ビールスタンド重富は 営業しています (大晦日も営業してます


    営業カレンダー → http://sake.jp/beer_stand/menu/



 お屠蘇を 新年に 頂く(飲む)と  

 その一年 家内安全・幸福を得る と 言われています




 最近の 若い方には お屠蘇 を 知らない子も 多いので・・・



 日本の風習を 伝える意味も 含めて



 お正月の 三が日  (1~3日)


 ビールスタンド重富で お出しします



 その お屠蘇を 手配しました


      ※薬局でも売っていると思います



 



 毎年 中国醸造さんに 頂いています  感謝・ありがとうございます m(__)m



 袋の 中身には ティーパックのような形で 屠蘇が 入っています



 




 この 屠蘇を  みりん や 日本酒に  浸けて・・・

 屠蘇の成分を 抽出します


 原材料を見ると・・・



    名称:屠蘇散 (とそさん)

    原材料:みかん皮、ケイヒ、サンショウ、オケラ、クローブ、ボウフウ、キキョウ


 その中に  オケラ と ありますが・・・  (笑)


 まさか・・   僕らはみんな生きている ~  ♪   の中の 歌詞にでてくる


    オケラ だって・・・ ♪   では  ないですよね・・・


   web で 調べてみました   アルバ薬局さんより
                     http://www.alba-pharmacy.co.jp/main/mame/mame_0015.htm


   キク科のオケラの周皮の皮を除いた根茎。
   毎年、大晦日から元旦にかけて京都の八坂神社で行われる
   「朮祭り(おけらまつり)」で使用されるオケラと同じ物です
   (けっして、昆虫ではありませんので、ご安心を)。
   このお祭りでは、オケラの根茎を焚き、
   参拝者はその火を火縄に移して火が消えないように、
   縄を振りながら家に持ち帰って雑煮を炊く火種にしたそうです。
   その雑煮で家族全員が正月を祝うと1年中流行病にかからず
   健康に過ごすことができると言われています。
   このように、昔から邪気をはらうとされているオケラは、屠蘇散の主薬です。






 みりん で 造ると  「甘い~」 口当たりになり

 日本酒で 造りと  「辛口」 の 屠蘇が出来上がります


 みりん と 日本酒の 割合を 増減して  お好みの 甘辛を 造れます



 ビールスタンド重富では   始めて 飲まれる方の為に


 みりん 100%で 造っています


 年の始めの 縁起物  「お屠蘇」  


 ビールスタンド重富で   ビールを  キュッと! 飲み干す前に


 どうぞ!



   ※その前に 年賀状の準備を しないと・・・ (苦笑)




     生ビールで!
     ひろしま元気プロジェクト
webはこちらから
   



       

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/21 blackjack45]
[08/15 oqxmslveta]
[08/14 sqxtspbrps]
[08/08 kazino28]
[07/27 TimothyNix]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright (c)重富酒店ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]