忍者ブログ
広島・銀山町 ㈱重富酒店のスタッフによるブログです。
[1571]  [1570]  [1569]  [1568]  [1567]  [1566]  [1565]  [1564]  [1563]  [1562]  [1561
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 昨日 ご紹介しました

 ビアアリス2013広島  重富は ドイツブースを担当させていただきました


 ドイツブースには 全部で 17種類の ドイツビールが揃っていました


 その中で 特徴的なタイプが 2種類・・・



 ドイツ担当スタッフで・・・   この 2種類は あまり 出ないだろうね・・・・


 そんな 会話をしながら 準備をしていたのですが・・・・





 開始すると同時に・・・・




 16番ください   「シュナイダー アイスボック」


 17番をお願いします   「シュレンケルラ「燻製」(ラオホ)ヴァイツェ」




         えっ~    って感じです





 最初の頃は   こちら 度数が高いのですけれど 大丈夫ですか?


 このラオホタイプは すこし 香りが独特なのですが・・・・




 それでも 皆さん   「お願いします」 と 一声!




 まず 16番が 品切れをしました・・・・


 急遽 商品を 取りに戻っていただいて 急場は しのぎましたが・・・



 再度 品切れを・・・・




 その商品が こちらです



 シュナイダー アイスボック


 




 アルコール度数が 12度 あります・・・   ワインや日本酒 クラスです


 通常 ビールの度数は 5度前後なのですが・・・

 この アイスボックタイプは 一度 ビールを凍らせます

 すると ビールに含まれている 水 が 凍ります


 その 氷の部分を 取り除き・・・  アルコール度数を あげたのが アイスボック


 (かなり 簡単な説明でしたね・・・  ^^)



 こちらの商品の 正式名称は


 シュナイダー・ヴァイセ・アヴェンティヌス・アイスボック


 ヴァイセ (ヴァイスビア) 

   小麦麦芽を使用したドイツの伝統的なビール

   特にバイエルン地方で発展した上面発酵ビール

       ※ヴァイスとは ドイツ語で 「白」の意味




 そして 2番目に 終了してしまったのが


 こちら


 シュレンケルラ「燻製」(ラオホ)ヴァイツェ


 


 ドイツ北バイエルンのバンベルクの名物で・・・

 煙(ラオホ)で燻した燻製麦芽を使用したビール。

 下面発酵でつくられ、低温熟成されます

 
 上記の ラオホビールは

 ブナの木を燃料に使い一日以上かけて燻した燻製モルトを使用しています




 イブリガッコ 的な 香りがする ビールです

  ※秋田名物「いぶりがっこ」は、燻した大根を漬けこんで作る、漬物の薫製




 また バンベルクには第二次世界大戦の戦火をまぬがれた歴史的な市街地があり

 町全体が「世界遺産」に登録されています


 

 




 その街の中心にあるシュレンケルラというビアレストランで飲むラオホビールが特に有名です




 ドイツに 行ってみたくなりましたね・・・ (苦笑)





 ちなみに 上記 2種類のビールは

 重富酒店では 販売しておりませんので (苦笑)


 リカーランドキムラ さんへ どうぞ!   →  http://www.liquorlandjp.com/




 
 生ビールで!
     ひろしま元気プロジェクト
webはこちらから
   



       

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/21 blackjack45]
[08/15 oqxmslveta]
[08/14 sqxtspbrps]
[08/08 kazino28]
[07/27 TimothyNix]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright (c)重富酒店ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]