忍者ブログ
広島・銀山町 ㈱重富酒店のスタッフによるブログです。
[1277]  [1276]  [1275]  [1274]  [1273]  [1272]  [1271]  [1270]  [1269]  [1268]  [1267
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 毎日のように 「ビール検定」 いかがでしたか?

 と 聞いていただけます・・・  ブログ等を読んでいただいている事を感謝します・・・


 実は 試験結果が 届くまで 「放置」しておこう・・ と 思っていたのですが・・・


 あまりにも 多くの方に 結果を聞かれるので 自己採点を してみました・・・

  
 

 
 基本 重富の性格は  「やりっぱなし」 な 感じが多いのです・・

 これが いけないと思いつつ  治らない性格なので これを 活かす方法を考えます


 【例】 宝くじ       →  当選番号を確認するのが 実は 嫌いなんです・・・
     年賀はがき

           ※理由  当たっている「券」を見逃すかもしれないのが 嫌なので
                 宝くじは ネットでしか買いません (笑)
                 ネットは 当たっていると自動的に 振り込まれるため・・・

                 年賀はがきは 妻に全部 見てもらっています (笑)

                 他人が見て見落としたのは、あまり気になりません


            ↑

         変な性格ですよね   (苦笑)




 そんな こんなで  ビール検定も 「発表」の葉書が届くまで 放置しようと・・・・





 さてさて    解答を見ながら 自己採点


 問題を解く時に  不安な問題には  △印を 入れています

 問題を解いたあとに この△を 再度見直す為です・・・


 やはり・・・ △印をつけた 問題の 2/3は 不正解 でした


 でも もっと いけないのは  

 ある程度 自信があった設問を 数か所間違えている点です

 それも 超初歩的な設問での 不正解も 数問・・・   


           ダメダメです!





 でも 今回 ビール検定を受験して 多くのことを 学びました・・・


 重富は 「ビールを注ぐ」 ことに 集中しようと思っていますので

 銘柄とか産地とか あまり 関心が沸かなかったのですが・・・


 美味しく「注ぐ」為には そのビールの 歴史や思い 造り手の気持ち

 そういう「見えない部分」も 一緒に グラスに「注ぐ」(つぐと読みます 広島弁らしいです)

 
 そういう感性を 考えるきっかけとなりました・・・



 最近 ビールスタンド重富 に ご来店される お客様の中には

 広島の ビール系のBARの有名店の方も 多く 来られるようになりました・・・

 先日は 県外の 地ビールのサポーターの方も お越しになりました



 【ビール】を 注ぐ ことに 第一義を 置く事には変わりはhないのですが

 その「ビール」を取り巻く 環境や 支えてきた人 そして一緒に 支えていきたい人


 大切にしてゆきたいと感じました。



 「ビール検定」に 感謝 です!




   










 さて 自己採点の結果なのですが・・・・




 恥を忍んで ・・・・・















 


   運営側の 公表では    

   3級の合格ラインが 60点  2級が 70点 との事です・・・




  
   生ビールで!
     ひろしま元気プロジェクト
webはこちらから
   



 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/21 blackjack45]
[08/15 oqxmslveta]
[08/14 sqxtspbrps]
[08/08 kazino28]
[07/27 TimothyNix]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright (c)重富酒店ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]