忍者ブログ
広島・銀山町 ㈱重富酒店のスタッフによるブログです。
[1681]  [1680]  [1679]  [1678]  [1677]  [1676]  [1675]  [1674]  [1673]  [1672]  [1671
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




 福澤諭吉さん・・・

 旧暦で調べると  重富の 誕生日と 同じ 12月12日 なので

 勝手に 親近感を 抱いていた時期があります   (笑)



 先日  ビールに関する事項で ものずごい 共通点を 見つけてしまいました




 その 共通点は  この 書籍の中にありました




 

 




 西洋衣食住  に   その   文が 掲載されています





 なぜ その 文章を 知ることができたかと言いますと・・・・




 ビールスタンド重富の   裏メニューの 1つ   「灘コロンビア注ぎ」




 この 灘コロンビアを経営されていた  新井徳司さんの事を 調べていた時に

 みつけたサイト  →  http://www12.plala.or.jp/beerjournal/index.html


 こちらの 掲示板に お礼と転記の承諾(事後)を書きこませていただいたところ


 その お返事に・・・



 (引用させていただきます)


     
    重富さま、ご来訪ならびに書き込みをありがとうございます。

    当HPはリンクフリーなので、私の駄文でよろしければ、

    どうぞご自由にリンクしてやってください。

    ブログも拝見いたしました。

    「人は 旨いビールを飲むと 自然に 『笑顔』 になります」

    「『笑顔』が 多くの エネルギー源 になる」

    という言葉、全面的に共感です。
    

    新井徳司さんも生前、

    「其味至て苦けれど、胸膈を開く為に妙なり」

    という福沢諭吉の言葉を引用し、

    ビールは心を開放的にする酒であることを力説しておりました。




    私がこうしてホームページを続けているのも、たぶん、

    新井さんから受け取った「ビールによる幸福」を伝え残していきたいからなのだと思います。



 



 重富は その日最初に飲む 生ビールのことを  ファーストキス と 呼んでいます


 その日 最初に飲む 生ビールが 旨ければ・・・

  
   自然と笑顔が生まれ 

   心のバリケードが少し下がり 

   コミュニケーションが取りやすくなる と・・・





 僭越ではありますが・・・    福沢先生が 言われていることを

 同じことを 日々 お客様に お話しさせていただいていることに気が付きました





 慶応義塾大学で 氏の 教えを学ぶことはできませんでしたけれど・・・


 福澤先生の 「ビール」に対する 考え 思い を 伝えることができているんだな と



 感じます




 生ビールで広島の経済を活性化させる!


 夢 幻のようなことを 語っているように 思われますが・・・・


 福澤先生も 書かれている!  



 かなり 力強い 後押しになったような気がしています





 

 



 重富の 考えに 福澤先生の お墨付きを頂きました!


 自信をもって 謙虚に 誠実に  


 生ビールを伝道していこうと 思いを 新たにしました





 
 


      生ビールで!
     ひろしま元気プロジェクト
webはこちらから
   



       

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[08/21 blackjack45]
[08/15 oqxmslveta]
[08/14 sqxtspbrps]
[08/08 kazino28]
[07/27 TimothyNix]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright (c)重富酒店ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]