忍者ブログ
広島・銀山町 ㈱重富酒店のスタッフによるブログです。
[1714]  [1713]  [1712]  [1711]  [1710]  [1709]  [1708]  [1707]  [1706]  [1705]  [1704
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

浅草で 心温まる 生ビールと  江戸っ子の 元気を 頂き・・・


 一路 国分寺に 向かいます・・・


 中央線で 運よく 座ることが出来ました・・・

 温かい車内に、かなりの酔い・・・


 うつら うつら・・・  いつのまにか 寝てしまいました  (苦笑)


 なんの 拍子か 目覚めると・・・

 アナウンスが・・  「国分寺~」 と  叫んでいます



 はっと 飛び起き  扉から 外に・・・

 なんとか 乗り過ごさずに 済みました   



 なんという 幸運 なのでしょう   (笑)



 これから 行くお店は 駅前にあります





 BEER CAFE GAMBRINUS  さん   ガンプリヌス と 呼びます


 


 ビルの 5階 に あります


 ガンプリヌス とは・・・ 

 ビールを創造したとされる神の名前です


 この お店の オーナー 


 ビールスタンド重富 に とっても  「神」 なのです・・・


 それは・・・


 昨年の  ひろしま地ビールフェスタ の 帰りに


 オーナー 角谷君 (写真) が  ビールスタンド重富に 尋ねてきてくれました



 それまで  弐度注ぎは    平成バージョン のみ でした

     ※昭和の 壱度注ぎ に  平成の もっちり泡を付ける・・・




 角谷君 曰く・・・     当店や ドライドックさんと 同様に


 このコック(昭和)で 泡付けされてみては いかがですか??



 それまでは 思いも つかなかったのですが・・・



 昭和のビールカラン    水道の 蛇口と 同じ仕組みなので


 ビールを   注ぐ か 止める か  の   機能しかありません



 平成(現代)の ビールカランのように    【泡付け機能】 は ありません



 しかし・・・・・・・・・・・・



 水道の 蛇口を ほんの少し ひねって  少量の 水を出す要領で・・・・



 昭和のカランを ほんの少し ひねり   その   わずかな 隙間から


 ビールを  勢いよく 押し出すと・・・・




      どうしたことでしょう・・・・



 本当に 細かい  そして これまでに 経験したことのない

    「や・わ・ら・か・い!」   泡  です




 


 そうして 誕生したのが・・・



 弐度注ぎ の  昭和タイプ  です



 弐度注ぎの  昭和 (やわらかい泡)   平成(もっちり泡)  誕生! です



 角谷君は  ビールスタンド重富にとって  恩人!  神  の 存在なのです・・




 いつか お店に 尋ねて行こうと 行こう と  思いつつ・・・



 今回 意を決して(笑)   訪問させていただきました




 角谷マスター     ありがとうございます    m(__)m



 BEER CAFE GAMBRINUS    http://gambrinus.jp/index.html


 〒185-0021  東京都国分寺市南町3-16-5 第46東京ビル6F
          042-325-0484

 
大きな地図で見る


 東京近辺の方!  是非  尋ねてみてくださいね  m(__)m




      生ビールで!
     ひろしま元気プロジェクト
webはこちらから
   



       

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/21 blackjack45]
[08/15 oqxmslveta]
[08/14 sqxtspbrps]
[08/08 kazino28]
[07/27 TimothyNix]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright (c)重富酒店ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]