忍者ブログ
広島・銀山町 ㈱重富酒店のスタッフによるブログです。
[1011]  [1010]  [1009]  [1008]  [1007]  [1006]  [1005]  [1004]  [1003]  [1002]  [1001
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

家飲み・・
今流行ってるそうです。

外で飲むのがまた楽しいんだけどね、
景気悪いからね~!

家でビール・・いやいや
第3のビールや発泡酒がメイン。

家でワイン・・いやいや
そうなんだけども安価のパックのワイン。

家で日本酒・・いやいや
そうなんだけども安価なパックの日本酒。

家で焼酎・・いやいや
そうなんだけども安価なビッグサイズの焼酎。

それでもね・・・
どんな安価でも
周りがなんと言おうとも

美味しいお酒ですよ。

高けりゃイイ酒・・・なわけないです。
人には合うもの合わないものがあるし

安いからといって馬鹿にしちゃあいけません。

さて、家飲みの皆様

今飲んでるお酒を

少しでも美味しくいただく方法を

知っててもご紹介。(軽くね)

まずは「ビール」と言いたいとこですが

これは

過去のブログでBOSSが教えてたような気が・・・

なので

「日本酒」から

寒いときは「熱燗」ですね。

熱燗を楽しむ際に、電子レンジで「チンっ」とやりますね・・

そうではなくて
たま~にですが

湯煎で燗をつけてみましょう!

レンジでやると、お酒がトゲトゲしくなります。

湯煎だと味わいにムラがなくなり、

「アルコール」のツンとした香りが多少減ります。

ポットを開いて湯煎もいいですが

お酒がびっくりして味わいが変化します。

鍋に入れた水が沸騰したら火を止めて
徳利をつけ、お好みの温度で召し上がれ。
スイスイ飲めますが飲みすぎにはご注意下さい。

「焼酎」

家で麦でも芋でも他でもですよ

例えば「ロック」で飲まれる方は

焼酎を何も割らずに湯煎して

焼酎の湯煎温度は

42度・43度ぐらいです。

難しいなと思われる方は

燗するとき

徳利の底を指の腹で触って熱いか熱くないか?

ぐらいで大丈夫でしょう。

氷の入ったロックグラスへ注ぎます。

昨日教えました「左回し」もついでに!

もの凄~~~~く、まろやかな焼酎がいただけます。

このロックのやり方で

焼酎が苦手な方でも

かなりの確立で「好き」になります。
特に芋焼酎でやると分かりやすいです。
水割りをする方は

一週間前ぐらいから

単純に一升瓶の中へ焼酎・水を

半々に入れて

寝かせておきましょう。

水が焼酎に馴染むと

これまた、まろやかで、スイスイと
飲むことが出来ます。

米焼酎や香ばしい系の麦焼酎なんかは

そのまま徳利に注ぎ

燗してみましょう。


熱燗温度は38度~42度!
そのまま飲んでみてください

抜群にいけます。美味しいです。※飲みすぎには注意して下さい。

次にワイン・・・?

ただいま勉強中のため

今しばらくお待ち下さいませ!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フリーエリア
最新コメント
[08/21 blackjack45]
[08/15 oqxmslveta]
[08/14 sqxtspbrps]
[08/08 kazino28]
[07/27 TimothyNix]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright (c)重富酒店ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]