忍者ブログ
広島・銀山町 ㈱重富酒店のスタッフによるブログです。
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 毎日新聞さんの webサイトより 引用させていただきました
 引用元→ ビール:「3回注ぎ」おすすめ キリン分析
 








 (全文)
 ビールは3回に分け、ゆっくり注ぐとおいしくなるという分析を、キリンが29日発表した。
 気温が上がる と、早く飲むため一気に注ぎたくなるが、慌てないことが楽しむカギといえそうだ。
 「3回注ぎ」は、世界屈指のビール大国ドイツなどで伝統的に実施されているが、
 注ぐ回数と成分の関係は未解明だった。
 同社は、注ぐ回数を泡がほとんど立たない1回と、泡が容器の3〜4割を占める3回の場合について、
 香り成分の「リナロール」や苦み成分の「イソアルファ酸」の濃度を分析した。
 その結果、3回注ぎの場合、香り成分は、注いでから15分後も入れた直後の約7割が残っていたのに対し、
 1回注ぎは4割近くに減っていた。苦み成分は、3回注ぎでは注いだ直後に比べて15分後は2割増え、
 1回注ぎはほとんど変わらなかった。苦み成分は泡に多く含まれ、泡が消えにくい3回注ぎでは、
 泡から液体に苦み成分が移ったとみられる。
 同社の村上敦司・酒類技術研究所主任研究員は「3回注ぎは、香りを維持するだけでなく、
 時間とともに味が変化して飲み飽きない要因になっているようだ」と話す。【田中泰義】



 毎日新聞さんの記事より 引用させていただきまし

 ビールスタンド重富で「参度注ぎ」を多くの方にお飲みいただいてい

 その時に 解説? (うるさい説明(笑) しながら お注ぎしてます

 その内容を、キリンさんの発表を使って説明(解説)してみようと思います

  

    ※あくまでも、重富の個人見解ですので…ご了承ください

    ※関係各位様  訂正・補足説明・加筆 是非 よろしくお願いいたします

 

 (引用)
ビールは3回に分け、ゆっくり注ぐとおいしくなるという分析を、キリンが29日発表した。


 広島にキリンビール工場があった頃に。工場内で「ビールの学校」を開催されていまし
 その中で「おいしいビールは3回に分けて注ぎましょう」と、実習をされていたそうです(卒業生談)

 また、キリンビールさんのビール工場に見学に行くと、最後の試飲コーナ
 アテンドのお姉さんが、目の前で「3度注ぎ」を実際に注いで、飲ませてくださいます。

 また、東京恵比寿にあります エビスビール記念館 の ツアー(500円)に参加すると
 ビールの試飲タイムで、アテンドのお姉さんが、実演してくださいます(試飲できます)
 その時の動画です・・・
 
 

 昨日も紹介しましたが 「美味しいビールは三度注ぎ」 ジョルダンブックスさん発行

 
 

 ビールを三回にわけて注ぐと…美味しくなる!

 ここで、重富的なコメントを…

 【全ての銘柄が三度注ぎで美味しくなるわけではありません】

 あくまでも個人差がありますが、三度注ぎは、主に炭酸を吹き飛ばします
 
 すると、炭酸の爽快感がなくなります

 爽快感がビールを飲む「主」な目的の方には…逆効果です

 また、ビールの銘柄によっては、含まれる成分バランスが異なります

 このキリンさんの発表されたビールの数値の「銘柄」を是非知りたいところではありますね

 キリンラガーと一番搾り・ブラウマイスターでは、数値は違ってくると思われます

 つまり、おいしくなる銘柄があれば、そう感じないかもしれない銘柄も存在するということです

 

 (引用)
気温が上がる と、早く飲むため一気に注ぎたくなるが、慌てないことが楽しむカギといえそうだ。




 上記のつづきになりますが

 ビールの 美味しさ には  2つあることに注目してください

 1つは  味わい   そして もう1つは  喉越し です


 ビールスタンド重富で 喉越しを重視した注ぎ方が 壱度注ぎです

 この壱度注ぎの お手本は

 銀座ライオンさんです 

 銀座ライオンさんで 名人と言われる海老原さんの 一度注ぎ


 



 昭和初期のビールサーバーの規格 

     ※ビールホースの内径が9mm(現在は5mm)

 で、ビールの流量が現在のビールサーバーの約4~5倍で

 勢いよく、一気に、泡まで注ぎきってしまう注ぎ方です。

 この注ぎ方では、適度に炭酸が飛びます

 また、泡には苦味成分を吸着させる効果があるので(後半で説明します)

 グラスに注ぐ時にできる、粗めの泡に苦味成分が吸着されていきます

 そして、注ぎ終わりにできる、グラス上部にある、すこし粗めの泡が
 
 喉を流れていく時に、しゅわしゅわとはじけ、言いようのない爽快感を生み出します


 アサヒビールさんから 発売されています

 アサヒスーパードライエクストラゴールド

 

 喉越しの 爽快感を味わうには 泡のしゅわしゅわ感の他に

 冷たさ でも 爽快感を味わえます

 冷たければ 冷たいほど 爽快感は 増していきます

 なので・・・ エクストラコールドは マイナス2度なんです

 それは・・・

 スーパードライが マイナス3度で凍ってしまうからです

 ※アルコール5%での凍る温度が 約マイナス3度と言われています 


 凍る ギリギリ 直前の温度で 注ぎ出す エクストラコールドは

 冷たさで言う 爽快感 ギリギリの 温度で注いでいる訳ですね!





    と・・・ 説明してきましたが・・・


 1回で 終わりにしようと思っていたのですが

 かなり 長文になりそうですので・・・


 連載にすることにします   (笑)


 
 東京「角打ち&ビール」研修旅行記

 も 連載になってしまっていますので (苦笑)

 連載を2本 抱えている? こちになりますね・・・



 つづく・・・



 
  

拍手[1回]

PR


毎日新聞デジタルの記事

  ビールは3回に分け、
  ゆっくり注ぐとおいしくなるという分析を、
  キリンが29日発表した。

 
 http://sp.mainichi.jp/select/news/20140530k0000m040079000c.html


毎日新聞デジタルの記事

この記事を見て 多くの方から メッセージを頂きました


『時代は、重富に追いついてきたね…!』 
『ビールは注ぎ方が大切なんだね!』

 と・・・

 このニュースを読まれ

 重富を思い出してくださり 本当に 有難いことです

 ありがとうございます!



     しかし!



 美味しいビールは3度度注ぎ!  は


 何十年も前から言われてきたことなんです

 重富の バイブル的な 書物は 



   これです


 

 大切だな~ と 思う箇所には  

 チェックがしてあり  今でも 読み返しています


 


 ビールスタンド重富に ご来店された方は

 ビールの注ぎ方で 違う味わいを お楽しみいただいています

 もしかすると 注ぎ方で 味わいが違う事を知っているのは

 広島の方が・・・一番多いかもしれませんね (笑)



 注ぎ方による、味わいの変化を キリンさんは 数値で表されました

 是非 重富の注ぐ 壱度注ぎ 弐度注ぎ 参度注ぎ 重富注ぎ

 どのような 数値の変化がおきているのか・・・

 興味深々なのであります (笑)



拍手[0回]



 昨日 広島酒類商業協同組合 第66期通常総代会 が開催されました

 決算・予算につきましてご承認をいただき

 第6号議案 理事・監事改選につき

    第67期の 新理事を選出いただきました


 その後開催されました、理事会におきまして

 重富を理事長にとご推薦いただき、ご承認いただきました


 


 「副」の文字が 外れることになります


 広島酒類商業協同組合は、街の酒屋さん273軒で組織する 組合組織です

 


 これまで 何度か  街の酒屋さんを守ることが、地域の安心安全を担保すること!

 と 書かせていただいています


 そのことを、言葉だけでなく、行動に表していこうと気持ちを新たにいたしました。




 ス-パーマーケットや ディスカウントストアーに比べると

 街のお酒屋さんの ビール(等)は 値段が高く 消費者の方は

 安いお店に 買いに行かれているのが現状です 



 それは、各社企業努力された結果です。 (一部公正取引に反する場合も見受けられますが)



 では 街の酒屋さんの 企業努力とは なんでしょう?


 大量仕入れ、大量販売の分野でしょうか??



 私は7年間 PTA活動を通じて 街の 酒屋さんを始め ○○屋さんの

 重要な 企業努力を 垣間見ることができました



 町内会長・社会福祉協議会の役員、PTA会長、子ども会役員・・・

 多くの場合、地域の「お役」をさせていただいています



 これも、大切な 「企業努力」ではないでしょうか?


 この「企業努力」を 是非 知って頂きたいと思います

 
 だったら、月に1回位は 街の酒屋さんで ビールを買っても良いかな~

 そう、思っていただければと 願っています




 街の酒屋さんを守ることが、地域の安心安全を担保する

 街の酒屋さんの「希望」に(組合が)なる!



 
 そう 心に誓いました


拍手[1回]



 



 一昨年 流川の居酒屋四斗平で 店頭で稲を育てたところ…

 中国新聞さんの「記事」に 掲載していただきました (笑)


 
 今年も そろそろ 田植えの時期だな~と


 配達に来られる  美和桜の 社長に・・・

 『田植えで、苗が余ったらください!』 と

 お願いしていたところ・・・




 お持ちくださいました   m(__)m   感謝です



 重富酒店で 植えるには  あまりにも 多いので・・・


 「苗」お分けしようと思います



 ご家庭で、会社で(笑)



 酒米 「八反錦」 を 育ててみませんか?


 ペットボトルやバケツ、プランターや発泡スチロール箱などで

 簡単に育てることができます


   ※夏場の「蚊」対策は ご注意くださいね…


 
 

 
 重富酒店 及び ビールスタンド重富の 営業時間  9~17時 (日・祭日お休み)

 店頭まで 取りにお越しいただければ お分けいたします 【無料】

  

   『稲ください!』 と お声掛けくださいね



 居酒屋さんで お酒を注文するときは  「美和桜」さんで と  お願いしますね!




 





 

拍手[0回]



 昨日の つづき です


 鈴木屋酒店さん まだ 営業前でしたので 訪問できず・・・

 気持ちを取り直して ページをめくり・・・

 次の酒屋さんへ



 内田屋西山福之助商店 さん


 東京で5年間 ニッカウヰスキーのセールスをしていましたので

 東京の酒屋さんには  「屋号」 が あることを 知っています (笑)


 広島では あまりありませんが   苗字と店名が 一緒の 酒屋さんが多いですからね


 屋号で 有名なのは・・   サザエさんに出てくる 三河屋さんが有名です


 東京の営業マン時代 屋号 店名 苗字  こんがらがった時期がありました (笑)




 内田屋さんに 到着すると

 丁度 店主らしき方が、扉に鍵をかけておられます。

 丁度、配達の時間のようでした・・・・


 声をかけるきっかけを 見失い(笑)


 配達から帰られたら、訪問しよう。 と


 店頭写真を 撮影しようか・・  と   その瞬間です


 店主がトラックから 戻ってこられました・・・



 不審者?  と 思われてもいけないので



 広島から来た 酒屋です。

 貴店の「角打ち」について、2・3お伺いしたいのですが・・・

 急にお伺いして申しわけございません m(__)m    的な ご挨拶をしたと思います



 店主さんは  「どうぞ!」  と   鍵をかけた扉を開けてくださり

 店内に 招き入れてくださいました。




 ※なので 店頭写真が ありません  ^^;




 

 角打ちのカウンター

 

 メニュー  


 

 店主 手造りの 角打ち台


 生ビールや 焼ハイ などのドリンクや 冷や奴 などは カウンターで注文します


 缶ビールや 缶チューハイ 瓶ビール 缶詰め 袋系のおつまみ は

 棚から 勝手に取って 店主に申告します



 


 広島の酒屋さんの 現状や

 東京(港区芝)付近の 現状など


 角打ち 立ち呑み   飲食免許 酒類免許 組合 など


 いろいろな事を お伺いさせていただきました


 内容につきましては この場では 差し控えさせていただきますが

 多くのことを 伺うことが出来ました


 感謝



 店主の 西山さん


 


 西山さん 急に押しかけたにもかかわらず 

 詳しくお教えくださり 本当に ありがとうございます m(__)m

 広島の酒屋さんの 今後を 考える 大きなヒントをいただきました。



 お土産の もみじ饅頭を お渡しし

 御礼を申し上げて 帰ろうと思った その時に



 店主「重富さん…となりに  ○○○があるので 行ってみませんか?」 と…

 
 つづく・・・



 
 

拍手[0回]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[08/21 blackjack45]
[08/15 oqxmslveta]
[08/14 sqxtspbrps]
[08/08 kazino28]
[07/27 TimothyNix]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析

Copyright (c)重富酒店ブログ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]